商品無料仕入れ戦隊『電脳卸』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパーファミコンコントローラ

今回は,大学ロボコンで使用したロボットのコントローラを紹介します.

昨今のロボコンでは,操縦にプレイステーションのコントローラを用いることが多くなっています.

最近は,通信プロトコルに関するページも豊富になっており,敷居が低くなってきたのが主な要因だと思います.また,赤外線タイプのIOボードなども発売されているようで,簡単にロボットの無線操縦が可能です.

やはり,使い慣れたコントローラのほうが操縦もしやすいですし,壊れにくいというのも利点ですよね.

というわけで,個人的にはプレステより親しみのあるスーパーファミコンでロボット用のコントローラを作成してみました.

ファミコンコントローラ


といっても.外見以外はすべて自作の回路です.

この時点で「壊れにくい」という利点が失われているのですが・・・ロボット製作はものづくりが基本なのでよしとします(^^;

それに,このコントローラには通常のスーパーファミコンにはない新機能が追加されているのです.

①:液晶パネルによるロボットの状態表示

②:LEDによるボタン押下状態の確認

③:コントローラを左右に傾けてロボットの進行方向を調整

④:コントローラを縦に持つと移動をロック

⑤:コントローラを前に倒してロボットが高速移動


よく,レースゲームなどでカーブをする際についつい体やコントローラを傾けてしまったりしますが,このコントローラでは,それを利用してロボットの細かなコントロールが可能です.

まぁ,要はwiiコントローラみたいな感じですがw

実際,ロボットが高速移動する際には,十字キーでの操作が難しくなります.

また,左右の独立したモータで直進するロボットの場合,6方位移動を繰り返して目的地に行くよりも,左右モータの速度を無段階に微調整するほうが,目的地に到達するスピードが断然上がります.(各モータの累計稼働時間が増えるため)

いちおう,回路図も上げておきますね.

回路図
スポンサーサイト

テーマ : ホビー・おもちゃ - ジャンル : 趣味・実用

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。