商品無料仕入れ戦隊『電脳卸』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

充電池の長持ちする扱い方

「バッテリーには"メモリー効果"があるから,ちゃんと使い切ってから充電しないと駄目だよ」

そう言って,携帯電話のバッテリーを使い切るまで充電しない人って,結構いるみたいです.

バッテリーを使い切らずに再充電すると,つぎから前回使ったところまでしか放電できなくなる現象.これが,一般に言われているメモリー効果です.

しかし,携帯電話に使われているバッテリーに"メモリー効果"という現象はありません.それどころか,毎回バッテリーを使い切ってから充電していると,逆にバッテリーそのものの劣化が早まってしまい,充電できなくなってしまいます.

実は"メモリー効果"は,すべての電池に起こるわけではないのです.そのため,見た目は同じ形の電池であっても,その種類によって適切な扱い方が違うのです.

以下に,各用途で用いられる電池の種類と特徴を挙げます.















■パソコン・携帯電話・mp3プレーヤ■
[使用電池]
リチウムイオンバッテリー(またはリチウムポリマーバッテリー).
[用途]
パソコンや携帯電話など,頻繁に充放電を行う機器に内蔵される.
[形状]
・携帯電話では薄い箱状の金属ケースに入っている.
・パソコンでは,プラスティックケースの中に円筒状の電池が複数入っている場合が多い.
・リチウムポリマーの場合,レトルトパウチのようなアルミパッケージに入っている場合もある.
[利点]
・メモリー効果がない.
・容量が大きい.
・充放電の効率がよい.
・基本的に本体に内蔵したまま充電可能.
[欠点]
・他の充電池に比べて高価
・電圧の問題から,単三などの乾電池型は作れない.(リチウムイオンは通常3.8V程度)
・満充電のままACアダプタを接続するとバッテリーの劣化が進んでしまう.
・必要以上に放電しすぎると,二度と充電できなくなる.
・温度の高い場所に放置するとバッテリーの劣化が急速に進む.
・パッケージは頑丈に作られているが,誤ってショートさせたり熱を加えたりした場合,破裂・爆発する恐れがある.
[長持ちする
使いかた]
・涼しい場所でつかう.
・ACアダプタで長時間使用するときにはバッテリーを取り外す.
・完全放電したまま放置しない.
・つねに8割程度充電された状態に保つ

リチウムイオンバッテリーは,一般的に使われているバッテリーの中ではもっとも高性能であるといえます.また,メモリー効果がまったく起こらず,追加充電が可能なため,パソコンや携帯電話に最適です.しかし,高温時や満充電時,過放電時に劣化が早まってしまうという特徴から,扱いには注意が必要です.なお,氷点下など寒いところで使うと容量が低下することがありますが,電池そのものの劣化とはあまり関係なく,一時的なものです.必要に応じて,適度(室温程度)に暖めると復帰しますが,むしろ暖めすぎに注意してください.















■携帯MDプレーヤ・乾電池型充電池(eneloop等)■
[使用電池]
ニッケル水素バッテリー
[用途]
・MDプレーヤやカセットプレーヤのガム型充電池
・乾電池型の汎用充電池(eneloopなども含む)
[形状]
・単三型や単四型など通常の乾電池と同じ場合が多い
・MDプレーヤなどの内蔵型電池にはガム型が用いられる
[利点]
・メモリー効果が少なく,意識せずに使える.
・通常の乾電池の代わりに使用できる(ただし,機器によっては使えないことがある)
・他の乾電池型充電池に比べると容量が大きい.
・安価
[欠点]
リチウムイオンに比べると容量は少ない.
自然放電が大きい(2~3ヶ月で半分程度になる場合もある)
完全に放電した状態で放置すると充電できなくなる.
保護回路がついているが,誤ってショートさせた場合に破裂する恐れがある.
[長持ちする
使いかた]
充電器に入れたまま放置しない.
過放電状態で放置しない.
定期的に追加充電を行う.

現状,家電量販店やコンビニで手に入る充電池のほとんどはこのニッケル水素型です.容量もどんどん増えてきてきており,乾電池型の充電池の中ではもっともポピュラーです.また,リチウムイオンなどの電池と比べて安価なため,温度による劣化などを考えなくても気軽に使えます.とはいえ,満充電状態や過放電状態を繰り返すと劣化が早まってしまいます.そのため,メモリー効果を意識して完全放電するよりも,適度な充電量を保つように注意するほうが長持ちします.















■ラジコンカー・ロボット・髭剃り等■
[使用電池]
ニッケルカドミウム電池(ニカド電池)
[用途]
・大型のラジコンカー
・ロボコンなどの一部のロボット
・髭剃り(一部ニッケル水素のものもある)
[形状]
・単三型など通常の乾電池と同じ場合が多い
・ガム型もあるが,最近ではほとんど手に入らない
[利点]
・通常の乾電池の代わりに使用できる(現在はニッケル水素を用いる場合が多い)
・比較的安価(最近ではニッケル水素のほうが安価になってきている)
・一度にとれる電流量がアルカリ電池やニッケル水素電池よりも多いため,大型のモータ駆動に向く.
[欠点]
・容量が少ない
・メモリー効果が顕著
[長持ちする
使いかた]
・充電前に完全放電させる

そのむかし,充電池の代名詞だったニカド電池.しかし,最近はニッケル水素電池の性能が高まってきていることから,量販店などではまったく見ることのなくなってしまいました.現在,大量の電流を一度にとりだせるという利点から,大型ラジコンのバッテリーパックや少し古めの髭剃りに使われている程度です.なお,これまで紹介してきた充電池の中でメモリー効果を考慮しなくてはいけないのはこのニカド電池のみです.
スポンサーサイト

テーマ : 情報・裏技 - ジャンル : 携帯電話・PHS

家庭用ロボットの脱力

「ロボットの家庭の進出」なんて、つい数年前まではアニメかSF映画の話でしたが、いつのまにかニュースに二足歩行ロボットが出てもだれも驚かない時代が到来し、日本ではすでに大手メーカーが家庭用サービスロボットの開発に乗り出したりしています。(富士通、松下etc)

といっても、ロボットが本当に自分のうちで働いている姿を想像すると、やっぱり不安があります。さすがに、「暴走して襲い掛かってきたらどうしよう」なんてSFじみた心配まで家庭進出されたのではかないません。

これは、ロボットという言葉を初めて使ったといわれているチェコの戯曲「RUR」の時代から続く、ある意味人間の根源的な恐怖です。

「人工物が人間に近づいていくという恐怖」

「自分達に近い存在でありながら、どこかが違うという不安」

「いつか、人類を越える存在になるのではないかという焦燥感」

・・・・つきつめると、それらは人種差別にも通じる自分勝手な感情だったりします。日本には奴隷やメイドなどの制度はありませんが、実際にはそれに類する階級は存在していました。結局その手の不安は人間がロボットを対等に扱うかどうかという問題に帰結するともいえます。

とはいえ、留学生の友人やドイツの大学に行っていた知人なんかの話を聞いていると、日本人はそういう感覚が比較的薄いようです。やはり、サブカルチャーの違いが大きいように思います。

しかし、実際問題としてASIMOやプロメテ(HRP-2 PROMET)みたいなロボットが人間の家庭で働いても危険は無いのでしょうか?

複雑な動作をするロボットを作ったことのある人ならば誰でも経験するように、この手の制御には暴走がつき物です。当然、バグフィックスがうまくいっていなければ家庭で暴走する可能性もあります。

「アマチュアとはちがうだろう」とか
「大手メーカーが一般家庭用に開発するロボットだから、それは無いだろう」

とお思いの方もいるかも知れません。しかし、複雑なプログラムをバグなしに開発することなど不可能です。現に、世界的シェアを誇る大手、マイクロソフトのOSには毎月のように致命的なバグが見つかっており、バグフィックス前に被害を受けているユーザも多く存在します。もしこれがロボットの話であれば、人身事故につながる可能性もあり、大変危険です。

具体的には、
①:ロボットの重量
②:移動速度
③:関節部分の隙間の広さ
④:アクチュエータの出力

などの危険要素が考えられます。たとえば、すでに実用化されている富士通のオフィス用ロボット「enon」では関節部分にかかる負荷を監視して自動でアームの力を抜いたり、ハンドの材料をウレタンゴムに変更するなどの方法で腕部の安全性を確保しているそうです。また、自律走行時の障害物検知センサの数を増やし、底部のバンパ・スイッチなどを併用することで、接触時に緊急停止できるようになっています。

ただ、これらの問題は未だ各研究機関で検討されている段階であり、特に法的なガイドラインは定められていません。韓国ではすでに「ロボット憲章」なるものの策定が始まっているそうですが、内容は単に開発奨励のための宣言という趣が強いように感じられます。おそらく、日本での法整備は実際に家庭用ロボットの市場が確立されてからになることでしょう。

ソース:韓国がつくる世界初の「ロボット憲章」
ソース:富士通フロンテックなどのサービスロボットを...

テーマ : サイエンス・ニュース - ジャンル : ニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。