商品無料仕入れ戦隊『電脳卸』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ティンカーベルロボットが空を飛ぶ

5月の初め,ディズニー(Disney Consumer Products)がPixar Animation Studios、Thinkway Toys、WowWeeと共同で、ロボットトイ市場に参入すると発表しました.

最初に登場する予定なのは,「WALL・Eはロボット」で紹介した『WALL・E/ ウォーリー』に登場するロボット「WALL・E」で,MP3プレーヤを接続すると,音楽に合わせてダンスをしたり,しゃべったりすることができるようです.

音楽に合わせて踊るロボットといえば,SONYの「Rolly」 が有名ですが,ソニー直販で39800円とおもちゃにするには高価な印象です.

一方,ディズニーの発売する「WALL・E」はアメリカでは価格は24.99ドルを予定しており,価格としては10分の1以下.あとは,性能しだいというところでしょうか.ディズニーのロボットといえば,ディズニーランドで運用している高度なアニマトロニクスなどが思い浮かびますが,この低価格帯でどこまで完成度の高いロボットがつくれるのか,とてもきになります.

ちなみに,この「WALL・E」には10個のモータを搭載し,プログラミング機能を設けた高機能版「Ultimate WALL・E」も発売される予定なのだそうです.

ただ,僕自身が最も気になっているのは,さらにその後に発売される予定の「ティンカーベル」ロボットです.

「ティンカーベル」は,ごぞんじのとおりピーターパンに登場する妖精で,発売予定のおもちゃでは,リモコンで空を飛ぶことができるとされています.

といっても,一昔前ならティンカーベルの背中にラジコンヘリみたいなプロペラを付けて飛ばすしかなかったところですが,

このロボットはあのWowWee社が開発を担当しているそうです.

WowWeeは,トンボ型ラジコン"FlyTech Dragonfly"で有名な会社で,ティンカーベルロボットも「羽を使った飛翔が可能」とのことです.

ただ,ここをみていただければ分かるように,WowWee社のデザインセンスは,あまり日本人向けではありません.また,現状の機構では,駆動音や羽ばたきの速度などが「ティンカーベル」の優雅なイメージとは少し違うようにも感じられます.

もちろん,実際に発売される製品は,ばっちりディズニーの監修が入るはずなので,今後の展開にも期待です.
スポンサーサイト

ZMPが教育用二足歩行ロボットを開発

以前,ZMPがMicroSoftの支援を受けて二足歩行ロボットの開発に着手しているという記事を書きましたが.早速,その一号機が完成したようです.

その名も「e-nuvo WALK ver.3」.これまでのnuvoと比べるとかなり無骨なデザインです.これは一般顧客ではなく大学や専門学校などの「研究者」をターゲットに開発されたからなのです(頭文字のeはEducation?)

ちなみに,開発環境はもちろん「Microsoft Robotics Studio」.いまのところ,ロボットの統合開発環境としてはなじみが薄いですが,Microsoftは本気でこれを広めていくつもりのようです.

ちなみに,開発言語にはC#のほかにC++,VB,Python,Ironなどにも対応しているそうです.また,実機の制御は「Microsoft Robotics Studio」のインストールされたパソコンをUSBでつないで行うことが出来ます.

まぁ.イメージ的に「Windowsでリアルタイム処理を行うのはちょっと・・・」とかいう方もいるかと思いますが,ソフト自体は現状無料で,シミュレーション環境も整っているので,ちょっと試してみてはいかがでしょうか?

ソースはこちら




参考:前のnuvo(最新画像は参照できなかったのでw)

「2007国際ロボット展」開幕

世界最大のロボット見本市「2007国際ロボット展」が28日に開幕しました.

このロボット展は今回で17回目となり,過去最大の199社,66団体が参加しています.

日程は12月1日(土)までの4日間です(なぜ水曜から土曜日までなのかは不明)

最終日には二足歩行ロボットの格闘技大会もあるそうです.

ソース2007国際ロボット展

千葉大学ロボット憲章制定!?

千葉大学は11月26日、ロボット研究者の倫理を独自に規定した「千葉大学ロボット憲章」を制定しました。

これは,同大学におけるロボット開発のあり方を示したもので、狙いは知能ロボット研究の平和利用なのだそうです.

なお,韓国では今年3月に世界初となる「ロボット憲章」の制定を宣言したばかりですが,大学が同様の主旨でロボット研究に関して倫理規定をするのは極めて珍しい(千葉大学)のだとか.

憲章は全部で5条からなり、第2条ではロボット開発が平和目的でなくてはならないことについて述べられています.

さらに,第4条ではSF作家の故アイザック・アシモフ氏が提唱した「ロボット工学3原則」をも遵守するよう求めており,意外とハードルは高いようです.

詳細 千葉大学

参考:アシモフのロボット三原則
①:ロボットは、人間に危害を加えてはならない。また、その危険を看過することによって、人間に危害を及ぼしてはならない。
②:ロボットは、人間の命令に服従しなければならない。ただし、第一条に反する場合は、この限りではない。
③: ロボットは、第一条および第二条に反しない限り、自己を守らなければならない。

最新ロボット・・・だけじゃない「大ロボット博」

ASIMOやレスキューロボットなど、数々の最新ロボットが集まる「大ロボット博」が、上野の国立科学博物館で開催中です。

会場での見所は、もちろん大小さまざまな最新ロボット。千葉工業大学の「HallucII」や九州工業大学のピアノ演奏ロボット「FMT-I」など、普段はみることのできない大学の最新ロボットも数多く展示されています。

そして、もう1つのみどころが「おもちゃ」。このロボット博では、実際に動くロボット以外にも、数多くのブリキ玩具やプラモデルなどが展示されているのです。ガンダムのマスターグレードなど、アニメ登場ロボットの展示もあり、日本独特のロボット文化にふれられますw

「大ロボット博」は、東京上野の国立科学博物館で2007年10月23日から2008年1月27日まで行われる予定です。

テーマ : サイエンス・ニュース - ジャンル : ニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。